「青春の詩」

サムエル・ウルマンによって書かれた不朽の名詩「青春の詩」は、戦後の日本人に勇気と希望を与え、高度経済成長の原動力の一つにもなったと言われています。詩の内容からして産業界のトップリーダーを始め、中高年層に愛好者が多かったようですが、「千の風になって」で話題になった作家・作曲家新井満氏の新訳の影響でしょうか、最近は若い世代の愛好者も増えてきているとのことです。

「サムエル ウルマン (Samuel Ullman)

私はかねがね、幻の詩人とも言われている「サムエル・ウルマン」が書いた「青春の詩」を座右の銘としています。「青春の詩」は、ウルマンが70代で書いたものです。彼は1840年4月13日、ドイツのヘヒンゲンでユダヤ人両親の長男として誕生しました。その後、両親とともにアメリカに移民し、後半生をアラバマ州バーミングハムで過ごしたのです。ウルマンは、教育者として、またユダヤ教のレイラビ(精神指導者)として、実業家として幅広く精力的な活動をしていましたが、晩年になって数編の詩をつくりました。実はこの「青春の詩」は1922年に家族が発行した詩集「80年の歳月の頂から」の巻頭の詩です。ウルマンはこの詩集が発表された2年後の1924年3月21日84歳でこの世を去りました。

「青春の詩と日本」

 この詩は「リーダーズダイジェスト」が1945年に”HOW TO STAY YOUNG”のタイトルで掲載しました。そして、1955年、ダグラス・マッカーサー元帥がロスアンゼルスで講演をした際、この「青春」を引用。1958年、森平三郎(米澤工業専門学校校長−現山形大学)が群馬県桐生の東毛毎夕新聞に「岡田義夫訳」の「青春」を紹介したことによってこの詩が次第に広がりはじめました。その後、1982年、宇野収氏(元東洋紡社長)が日経新聞に「青春」の一部を紹介、大きな反響を呼びました。

 1985年、この詩に心を深く打たれた故宮沢次郎氏(当時トッパンムーアー且ミ長)の精力的な運動によって「青春の会」が発足、財界産業界のとトップたちの共感を呼び、静かにして強力な活動がはじまり、その活動は一つの大きなうねりとなって日本全国を覆い始めたのです。その2年後、財界人200名による「青春」と作者を讃える大会が開催。ウルマンの遺族も来日し、1992年サムエル・ウルマン賞が制定されました。そして各界から浄財が募られ、ウルマンゆかりの地バーミングハムにサムエル・ウルマン記念館の開館となり、彼の胸像も建立されました。

「私とサムエル・ウルマン」係わりについて

 1968年にたまたま私の会社がトッパン・ムアー社(現在トッパン・フォームズ社)と取引を始め、宮沢氏の知遇を得た私は、彼を通して「青春の詩」知ることになりました。インタ−ネット時代の到来を迎え、私がWEBにこの詩を紹介して以来、この詩について実に多くのことを知りました。この詩は岡田氏の外、作山宗久・宇野收両氏によっても日本語に訳され、それなりに格調高く多くの人々を感動を呼んでいます。「青春の会」が、岡田義夫氏の訳を使っていたこともあり、また会員が各地でそれを紹介したこともあって、今日、岡田義夫氏の訳による「青春の詩」が全国的に一番有名になっているようです。


「私とサムエル・ウルマンの曾孫デビッド」について

 1998年4月21日、 Dr David Ullmanなるロスアンジェルスに住む米国人から1通のE−MAILが飛び込んできました。何と、彼はかのサムエル ウルマンの曾孫でした。たまたま彼がホームページをあちらこちらサーフィングしているうち日本のこの私のページに遭遇。そこで「青春」の詩を見つけ、私とこの詩の出会い等を尋ねてきたのです。彼と私の間に太平洋を越えて多くのメールが行き交いました。デビッドは子供の頃アラバマ州の記念館に一度だけ父親に連れていって貰ったことがあるそうです。彼からのメールの一部をご紹介します。事実は小説よりも奇なり・・・・・・・・・・とはまさにこのことです。

 

サムエル・ウルマンの永遠の名詩「青春」には、岡田義夫氏それに作山宗久・宇野收氏によるものとの2つがあります。以下、それぞれの訳詩と英詩を示します。
----------------------------------------------------------------
青春
サムエル・ウルマン 宇野収、作山宗久訳


青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

------------------------------------------------------------
青春
サムエル・ウルマン 岡田義夫訳
青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年
月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる
事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く
求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

  人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。
  人は自信と共に若く 失望と共に老ゆる。
  希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして
偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ
人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。

----------------------------------------------------------

Original
Youth   YOUTHの原詩です。
Samuel Ullman

Youth is not a time of life,
 it is a state of mind.
It is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees,
it is a matter of the will, a quality of the imagination, a vigor of the emotions,
it is the freshness of the deep springs of ilfe.
Youth means a temperamental predominance of courage over timidity of the appetite,
 for adventure over the love of ease.
This often exists in man of sixty more than a boy of twenty.
Nobody grows old merely by a number of years . We grow old by deserting our ideals.
Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles soul.
Worry, fear, self-distrust bows the heart and turns the spirit back to dust.
Whether sixty or sixteen, there is in every being's heart the lure of wonder, the unfailing child-like appetite of what's next, and the joy of the game of living. In the center of your heart and my heart there is wireless station, so long as it receives message of beauty, courage and power from men and from the Infinite, so long are you young.
When the aerials are down, and your spirit is covered with snows of cynicism and the ice of pessimism, then you are grown old, even at twenty, but as long as your aerials are up, to catch the waves of optimism, there is hope you may die young at eighty.

-----------------------------------------------------------------------
Youth  The Reader's Digest
原詩とは異なりますが、“How to Stay Young”という題で194512月号の『リーダーズ・ダイジェスト』に掲載されたとされている詩です。

Youth is not a time of life, it is a state of mind;
it is a temper of the will, a quality of the imagination,
a vigor of the emotions,a predominance of courage over
timidity,of the appetite for adventure over love of ease.
Nobody grows old by merely living a number of years;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self-distrust, fear and despair-these are the long,

 long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.
Whether seventy or sixteen,there is in every being's
heart the love of wonder, the sweet amazement at the
stars and the starlike things and thoughts, the undaunted
challenge of events,the unfailing childlike appetite for
what next,and the joy and the game of life.
You are as young as your faith, as old as your doubt; as
young as your self-confidence, as old as your fear, as
young as your hope, as old as your despair.
So long as your heart receives messages of beauty, cheer,
courage, grandeur and power from the earth, from man and
from the infinite, so long you are young.
When the wires are all down and all the central place
of your heart is covered with the snows of pessimism and
the ice of cynicism, then your are grown old indeed and
may God have mercy on your soul.